青空

北海道でオフロードバイクのブログ

1992 KTM250E-GS

f:id:ktm250e-gs:20190401101008j:plain

f:id:ktm250e-gs:20190401100751j:plain

f:id:ktm250e-gs:20190401101854j:plain


1991年から始めた北海道のエンデューロレースで
最初に使ったバイクは1990年の冬に発売された
ホンダXLR250R(m) MD22だった。
これをボコボコにしながら乗っていた時に一緒に走っていたのが
市内にいた1台の1990ktm250e-gsと2台の1991ktm250e-gsだった。
みんな北海道のレースでは古株で苫小牧の第2回のITDEも出てた様な人達だった。
一緒に走ってはいたけど、ktmを貸してもらうのは
遠慮したのと尻込みしたのとで乗った事は無かった。


その頃はレースへ行けばトシニシヤマさんが出場していて
レース前日に本番車を試乗させてくれたりしていた、
あれは営業活動だったんだろうな。
乗ると なんか普通に乗れるし凄く楽しいバイクだったんだ。
で、苫小牧とか由仁とかで開かれた試乗会に出てる内に
ああ もう買おうと思って1991年の冬に納車されたのが
今もガレージに並んでる1992KTM250E-GSだ。


レースは4年間のめり込んで金もつぎ込んで走った、
でもその次の年からはパタッと辞めた。
金が無くなってきたのと、仕事が忙しくなって乗る時間を作るのが辛くなってきて燃え尽きた。


今もエンデューロバイクが大好きでハスクバーナに乗っているけど
このKTMも手放してはいない。
もうすぐ30年物だけどこいつはまだ現役だし。

 

※2020年2月2日更新

白い時のKTMの事で困ったら、東京の「モンドモト」の市川さんに

相談してみると良い。元々はトシ・ニシヤマのメカだった人で

話しやすくて丁寧だ。

 

後記事

ktm250e-gs.hatenablog.com